ご案
  (一財)畜産環境整備機構畜産環境技術研究所では、堆肥等の成分分析等検査を実施しておりますが、平成26年4月1日より堆肥等の成分分析検査等規程の一部を改正いたします。
 臭気(臭気指数相当値)測定を特殊項目からはずし、任意分析とします。
 
変更の要点(PDF)を記載しました。詳細は下記の堆肥等の成分分析等検査規程をご覧ください。
〇堆肥等の成分分析等検査の項目は次のとおりです。
(1)一般成分 水分、粗灰分、pH、EC、N、P、K、石灰、苦土、C/N
(2)微量成分・特殊項目 Cu、Zn、Fe、Mn、発芽率、酸素消費量(「コンポテスター」による)
  (3)臭気 (任意・希望される方のみ) 臭気指数相当値、「におい識別装置」による
  (4)放射性セシウム (任意・希望される方のみ) NaI(TI)シンチレーションスペクトロメーター使用
〇成分検査のフローは次のとおりです。
堆肥等の成分分析等検査規程(PDF)  
別表 1(堆肥等成分分析検査項目)(PDF)
別表 2(検査手数料)(PDF)
堆肥等成分分析等検査依頼書(PDF)  ←こちらを印刷し必要事項を記入の上Fax(0248-25-7540)へ送信してください。
堆肥等成分分析等検査報告書(PDF)
  通常、堆肥の分析結果は、 承諾書に記載された検査材料必着日(検査開始日)より約2週間ででます。速報値(分析結果の数値のみ)が必要な場合は、依頼時にお知らせください。正式な報告書(コメントつき、研究所公印の押印)は検査材料必着日より、約20日間でお手元に届きます。(郵送)