汚水処理への貝殻の利用(注)

 貝殻を使った汚水処理が見られています。特別な効能をうたっている場合もありますが、基本的には、微生物を保持する担体としての役割が主な機能です。過ばっ気運転であれば、pHが下がるのを防ぎ、溶け出したカルシウムイオンによるリン酸イオンの沈殿除去が期待できます。

  1. この方法の効果
     活性汚泥処理水の濁り(SS)の除去とpHの中和に利用できます。

  2. 利用にあたっての注意点


  3. 利用している事例


前のページにもどる