脱臭技術の事例紹介と評価

[中和・洗浄脱臭方式]

T.処理施設の概要(企業からの情報に基づき作成したものである)

企業名

株式会社モリプラント

1.処理方式の区分

中和・洗浄脱臭方式  薬剤洗浄法 (酸・アルカリ・次亜塩素酸洗浄塔)

2.問い合わせ先・担当者

九州支店技術営業部 原口策真
本   社 〒545-0011 大阪市阿倍野区昭和町2-3-3
TEL:06-6627-2381 FAX:06-6627-2385
技術を参照できるURL:http://www.moriplant.co.jp/
お問い合わせ:ホームページから

九州支店 〒899-5215 鹿児島県姶良郡加治木町本町171
TEL:0995-63-9393 FAX:0995-63-9394
お問い合わせ:ホームページから

3.応募施設の基本的事項

(1)商品名,型式等の区分 水洗浄+酸・アルカリ・次亜塩素酸洗浄脱臭塔
(2)処理対象 開放型堆肥化施設排ガス
(3)処理風量 2,000m3/分
(4)施設概要 ブロイラー、採卵鶏のふんをロータリー式発酵槽、堆積型発酵槽で堆肥化処理した臭気を捕集、誘引し、水洗浄後、酸・アルカリ・次亜塩素洗浄塔により連続的に洗浄脱臭する施設。

4.設置されている畜産経営の概要

(1)飼養畜種・飼養規模
 @飼養畜種 ブロイラー
採卵鶏

 A飼養規模 700 千羽 ブロイラー600千羽、採卵鶏100千羽
 Bふん尿量 38 トン/日
(2)畜舎構造 ブロイラー:ウインドレス鶏舎、採卵鶏:高床式・ウインドレス鶏舎
(3)畜舎面積 170,000 m2 (このうち、約40%のふんを当該施設で堆肥化しているが、対象の畜舎面積は確認不能)
(4)堆肥化、汚水処理施設の有無
 @堆肥化処理施設 あり (ロータリー式発酵槽、堆積型発酵槽)原料処理量38トン/日、施設面積3,946m2、発酵槽面積2,170m2
 A汚水処理施設 なし
(5)施設所在地 鹿児島県

5.応募施設の設計概要(計画)

(1)フローシート

(2)主機となる設備 吸込みファン、ダストセパレータ、酸洗浄塔、アルカリ・次亜塩洗浄塔、薬液槽、中和槽
(3)施設設置年月日 2002年10月
(4)処理対象 開放型堆肥化施設排ガス
(5)施設のシステム構成 本施設は、フローチャートに示したように、ロータリー式発酵槽及び堆積型発酵槽から発生する臭気を、ステンレス製臭気ダクトを介して吸気ファンによって脱臭施設に導く構成になっている。脱臭施設では、ダストセパレータでガス温度を下げ、粉じん及び水溶性の臭気成分を除去した後、酸洗浄塔でアンモニア、アミン等を除去し、アルカリ・次亜塩洗浄塔で硫黄系化合物等を除去して大気中に放出する。
(6)付帯設備 該当しない。
(7)施設の特徴
@ ダストセパレータで水洗浄を行うことで、ガス温度の低下と粉じんやアンモニア等の除去が行えるので、酸、次亜塩洗浄の負荷が軽くなり高い脱臭効果が得られる。
A 酸洗浄塔でアンモニア、アミン等の塩基成分を除去し、次亜塩洗浄塔で硫化水素、メルカプタン等の硫黄系化合物を除去できる。
B 洗浄塔の薬液供給量をコントロールすることで、規制値や周辺環境、地域特性に応じた脱臭能力の調整が可能である。
C ロータリー攪拌装置の稼動状況に合わせた吸込みファンのインバータ制御や洗浄液pHと薬剤供給量の連動等を自動化することで、臭気濃度に合わせた効率的な脱臭と省力化が図れる。
D 設備は全て自動制御運転であり、日常管理としては薬剤残量の確認程度で、特に管理能力のある技術者を必要としない。
(8)処理能力
 @ 計画処理風量 2,000m3/分     設計処理風量:2,000m3/分×24時間/日(インバータ制御)
 A 計画運転時間 24時間/日
(9)処理性能
 @ 脱臭排ガス処理目標 アンモニアガス濃度30ppm以下(排出口)
(10)施設設置面積 280u(脱臭施設のみ)

6.応募施設の稼働状況(実績)

(1)施設の稼動実績
 @実稼動処理風量 800〜2000 m3/分 実稼働処理風量:800〜2,000m3/分(臭気発生状況に応じインバータ制御)
 A稼動時間 24 時間/日
 B年間稼動日数 365 日/年
(2)施設の運転にかかわる日常作業量
 @常勤者  延べ時間 延べ 0.5 時間/週 (1人×0.5時間/日×1日/週)
 A非常勤者 延べ時間 延べ
時間/週
(3)残渣の発生量とその処理 0 トン/年 水洗浄液及び酸・アルカリ廃液は中和後、焼酎粕タンクへ移送し、堆肥化処理時の水分調整に利用。

7.機能調査の分析例


8.処理経費(応募施設の実績)

 
(1)処理施設の建設費
  (土木建築、設備機器)
 
 
備考
 施設建設費 130,600 千円
(2)年間処理経費  
 
 
 @施設の減価償却費 7,613 千円/年 (土木建築20年、設備15年耐用)
 A維持管理費の合計 18,000 千円/年 (電力,薬剤,補修,分析費)
 B年償却費と維持管理費の合計 25,613 千円/年
 C製品販売収入 0 千円/年
 D年間処理経費合計 25,613 千円/年 (年償却費+維持管理費-販売収入)
(3)処理経費原単位等  
 
 
 @ふん尿処理量1トン当たり 1,847 円/トン
 A飼養家畜頭羽数当たり 37 千円/千羽・年
 B出荷豚1頭当たり


9.導入に当たっての留意点(当該技術を導入するに当たっての留意点等)

(1) 計画段階で、脱臭対象施設の調査の他に、周辺環境(建物の形状や地形等)や地域特性(気象条件等)を十分に調査して、方式の採用を検討する必要がある。
(2) 年に1〜2回程度、水洗浄塔及び酸洗浄塔内の充てん材の清掃が必要である。(清掃頻度は、脱臭対象ガスの粉じんの量等によって異なる。)
(3) 臭気の捕集要領、臭気ダクトの形状・配置・風速や洗浄塔での気液接触率を高めるための方法など、技術的事項について、計画段階に十分検討する必要がある。

10.応募施設以外の納入実績(応募施設と同一方式)

 
畜種飼養規模施設所在地設置年度備考
(1)ブロイラー採卵鶏3,200千羽 熊本県  2002年 ブロイラー2,300千羽、採卵鶏900千羽

11.応募施設の適用可能畜種および畜産以外の適用可能臭気

(1)適用可能畜種 全畜種 乳用牛、肉用牛、豚、採卵鶏、ブロイラー、すべての畜種の畜舎、堆肥舎等から発生する臭気に対応可能。
(2)畜産以外の適用可能原材料等 食品産業、飲食店、生ごみ処理、汚水処理ほか各種臭気に対応可能。

U.評価結果(評価委員による評価結果)

総合評価

@本施設は薬液洗浄方式で、技術的に完成されており、低濃度、大風量の臭気対策に有効なシステムである。
ApHセンサーにより、臭気濃度に合わせて洗浄塔洗浄液の薬液供給量を制御している。
B2種類の運転モードを設け、発酵攪拌機の運転に合わせ脱臭風量を決定している。攪拌機運転時以外は、インバーター運転によりセーブ運転をして、資材、電力の節減を図っている。
C施主と協議のうえ、ランニングコスト低減を考慮して、脱臭性能は原臭アンモニア濃度300ppm(攪拌時)に対し30ppmと現実的に設定した。平常時のアンモニアは120〜180ppmに対し、処理臭気10ppmが得られている。
D本施設では、焼酎粕を産廃として受け入れている。ランニングコストに産廃処理の委託料を還元できることを考慮して、本方式が遷択された。
E本装置を一般的な農家に導入する場合は高コストとなるであろう。ただし、本提示例の場合、組み込まれる堆肥化システムとその立地条件、事業体の鶏ふん処理、環境対策、将来戦略との整合性から経営的意義を評価する必要がある。

評価チャート

評価年月日

V. 施設説明写真


堆肥化施設、焼酎粕タンク

堆肥施設内部

脱臭設備

ダクト・吸気ファン

吸気ファン、ダストセパレータ

袋詰め設備・オートパレタイザ