脱臭技術の事例紹介と評価

[中和・洗浄脱臭方式] (参考施設)

T.処理施設の概要(企業からの情報に基づき作成したものである)

企業名

中国工業株式会社

1.処理方式の区分

中和・洗浄脱臭方式  薬剤洗浄法 (薬液噴霧洗浄法)

2.問い合わせ先・担当者

施設機器部  檀上敏治
〒737-0192 広島県呉市広名田1-5-5
TEL:0823-72-1615 FAX:0823-70-0019
技術を参照できるURL:ckk-chugoku.co.jp/
お問い合わせ:ckk_frp-g@nifty.com

3.応募施設の基本的事項

(1)商品名
  型式等の区分
薬液噴霧消臭法
(2)処理対象 ウインドレス豚舎・鶏舎の悪臭
(3)処理風量 約2,000m3/分  1BOX=500m3/分×4BOX
(4)施設概要 ウインドレス畜舎(豚舎・鶏舎)から発生する悪臭を換気扇により排気し、BOX内に捕集。微香性物質と酸性物質の混合剤を微細噴霧し臭気と気液接触させることによる、薬液噴霧隠蔽消臭排気装置(消臭BOX)。運転は、設置施設の臭気発生条件等に合わせて行う。,本施設は、全国農業協同組合連合会と協同開発。

4.設置されている畜産経営の概要

(1)飼養畜種・飼養規模
 @飼養畜種
 A飼養規模 1,728 1BOX=432頭
 Bふん尿量 7 トン/日 1BOX=1,728kg/日
(2)畜舎構造該当なし
(3)畜舎面積 80 m2 1BOX分(参考値)
(4)堆肥化、汚水処理施設の有無
 @堆肥化処理施設 あり
 A汚水処理施設 なし
(5)施設所在地大分県 

5.応募施設の設計概要(計画)

(1)フローシート

(2)主機となる設備 装置一式
(3)施設設置年月日 2004年4月(テスト装置設置時期)
(4)処理対象 ウインドレス豚舎・鶏舎の悪臭
(5)施設のシステム構成 本装置は、ウインドレス畜舎(豚舎・鶏舎)内の側壁に設置した換気扇で、畜舎内から排気された悪臭(主にアンモニア)を含んだ空気を、装置(消臭BOX)内で複数回屈曲した空気通路を通る間に流体ノズルから噴霧された消臭液の微粒子に接触させ、消臭液によって悪臭(主にアンモニア)を軽減して大気中に放出する。
(6)付帯設備
(7)施設の特徴
@ ウインドレス畜舎から換気扇によって排気された悪臭(主にアンモニア)を含む空気は、消臭BOX内で複数回屈曲した空気通路を通る間に流体ノズルから噴霧された消臭液の微細粒子に接触し、消臭液によって悪臭(主にアンモニア)が軽減され大気中に放出される。
A 空気通路を複数回屈曲させることにより、消臭液と悪臭(主にアンモニア)とを接触させることができるとともに、消臭室の小型化を図ることができる。また、消臭液を微細粒子にして噴霧することにより、悪臭(主にアンモニア)を分解するなどした後の消臭成分は、消臭液の主成分である水と共に空気中に蒸発するので、従来の水の散布によって水中に悪臭(主にアンモニア)を取り込んだときのような廃液処理が不要となる。
B 既存のウインドレス畜舎に対しても、消臭BOX、ノズル、消臭液の配管を付加するだけで対応でき、ノズルとして流体ノズルを用いる場合でも、これらに圧縮空気の供給設備を付加するだけで簡単に実施することができる。
C 施設の運転はほとんど自動化されているので、機械の異常等が発生しない限り、日常の管理作業は見回り、確認程度である。,(確認が容易にできるように各換気扇吹き出し部に、扉を設置している。)
(8)処理能力
@ 計画処理風量 約2,000m3/分  接触時間:2〜3sec、塔内風速:0.75〜1.00m/sec

温度対応換気扇と圧縮空気の供給が連動しており、稼動状況(温度変化)により大きく変動します。
A 計画運転時間 24時間/日
(9)処理性能
@ 脱臭排ガス処理目標 実機テストの上協議して決定。
(10)施設設置面積 28u(1BOXのみ、1,800B×15,500L)

6.応募施設の稼働状況(実績)

(1)施設の稼動実績
 @実稼動処理風量 約2,000 m3/分
 A稼動時間 24 時間/日 温度対応換気扇と圧縮空気の供給が連動しており、稼動状況(温度変化)により大きく変動します。
 B年間稼動日数 365 日/年
(2)施設の運転にかかわる日常作業量
 @常勤者  延べ時間 延べ 2.5 時間/週 (1人×0.5時間×5日/週)、点検1回/日(ノズル確認)
 A非常勤者 延べ時間 延べ 0 時間/週
(3)残渣の発生量とその処理
トン/年

7.機能調査の分析例


8.処理経費(応募施設の実績)

(1)処理施設の建設費
  (土木建築、設備機器)
 

 
備考
 施設建設費 4,800 千円 (土木建築なし、設備のみ)
(2)年間処理経費  
 
 
 @施設の減価償却費 288 千円/年 (土木建築なし、設備15年耐用のみ)
 A維持管理費の合計 420 千円/年 (内訳不明)
 B年償却費と維持管理費の合計 708 千円/年
 C製品販売収入 0 千円/年 該当なし
 D年間処理経費合計 708 千円/年 (年償却費+維持管理費-販売収入)
(3)処理経費原単位等  

 
 
 @ふん尿処理量1トン当たり 281 円/トン
 A飼養家畜頭羽数当たり 410 円/頭・年
 B出荷豚1頭当たり 20 円/頭

9.導入に当たっての留意点(当該技術を導入するに当たっての留意点等)

(1) 規模によって、コンプレッサー等の仕様選定が必要である。
(2) 臭気によって、薬液濃度の調整が必要である。
(3) 臭気軽減とマスキングと兼ねることも可能。

10.応募施設以外の納入実績(応募施設と同一方式)


畜種飼養規模施設所在地設置年度備考
(1)実績該当 なし



11.応募施設の適用可能畜種および畜産以外の適用可能臭気

(1)適用可能畜種 全畜種 乳用牛、肉用牛、豚、採卵鶏、ブロイラー、すべてのウインドレス畜舎から発生する臭気に対応可能。
(2)畜産以外の適用可能原材料等

U.評価結果(評価委員による評価結果)

総合評価

@ウインドレス豚舎の側壁に消臭ボックスを設け、ボックス内に消臭液を噴霧することにより脱臭する方式であるが、粉じんを除去しないと十分な脱臭効果は得られない。
Aマスキング効果は期待できるものの、アンモニアの分解や粉じんの除去等、脱臭技術が不明で評価できない。
B豚舎の側壁の外側に、消臭ボックスのための大きな設置面積を必要とする施設と思われる。
C処理経費は比較的安価であるが、脱臭との対価効果の点で高濃度脱臭は期待できないが、低濃度の豚舎臭気を軽減する手段の一事例として参考になる。
D技術的に高濃度の臭気及び粉塵に対する脱臭効果が不明であり、普及できる適応畜舎が限定されるものと思われることと、実績例がないので参考事例とした。

評価チャート

評価年月日

V. 施設説明写真


消臭BOX(本体)

消臭BOX(内部1)

消臭BOX(内部2)