汚水処理技術の事例紹介と評価

[簡易ばっ気処理]

1.処理施設の概要(企業からの情報に基づき作成したものである)

企 業 名

イクナム研設株式会社

処理方法

活性汚泥変法(腐植質充填、ほ場撒布)

適応畜種

豚舎汚水

問い合わせ先・担当者

営業 福井賢司
TEL:0532-46-7316 FAX:0532-48-5612
お問い合わせ:ikunamu@f5.dion.ne.jp

処理施設の概略フロー

処理施設の概要

 豚舎汚水を固液分離の後、沈澱・スカム分離し、腐植物質を利用した活性汚泥処理を行う。汚泥は脱水機にて処理後、固液分離残渣と共に堆肥化施設へ。

処理施設の特徴

  1. 前沈殿槽は沈殿汚泥と浮上スカムの自動除去装置が各々付いており、汚濁物質の前負荷軽減効果を図っている。トータル的な汚泥処理量の低減になる。
  2. 曝気槽内に腐植質を充填し、処理機能を安定させ無希釈でも処理ができる。
  3. 曝気槽の散気装置は超微細気泡のゴムメンブレンタイプで目詰まりしにくく、酸素の溶解効率が高くエアーブロワーもインバーター制御の為、電力消費が少ない。
  4. 小〜中規模向け処理施設として適応し易い。

処理施設の実施状況

1. 畜種、飼養規模: 
:豚舎汚水、母豚238 頭規模(肉豚換算2,380 頭)
2. ふん尿の排出方法: 
:ふん尿分離方式 ボロ出し率約70%(子豚・分娩母豚は混合)
3. 希釈倍率 
:希釈なし
4. 処理水の処置 
:圃場に農地還元

排出汚水量・BOD 量

1. 排出汚水量 
:25 m3/日(9L/頭・日)
2. 排出汚水BOD 量 
:144kg /日(61g /頭・日)
3. 排出汚水BOD 濃度 
:5,760mg /L

固液分離の方法

1. 固液分離機の機種 
:豚舎汚水の固液分離機(ウェッジワイヤースクリーン):余剰汚泥の固液分離機(スクリュープレス)
2. 凝集剤の使用 
:生汚泥・余剰汚泥の分離に高分子凝集剤(添加量1.4%/ SSkg)
3. SS 除去率 
:ウェッジワイヤースクリーン(38%)、スクリュープレス(90%)
4. 分離固形物水分 
:ウェッジワイヤースクリーンし渣(80%)、脱水ケーキ(83%)

高度処理方法

無し

水質処理性能

曝気槽BOD 容積負荷量:0.4kg /m3・日

曝気槽投入汚水 曝気槽処理水 除去率
SS mg/L 5,700 6 99.5
COD mg/L 2,100 140 93.3
BOD mg/L 5,200 7 99.8
T-N mg/L 1,300 68 94.7
T-P mg/L 0,280 90 67.8

処理経費

1. 処理施設の建設費 
:建設費の合計(4,300 万円)、年償却費(258 万円)
2. 維持管理費 
:維持管理費の合計(電力費+薬品費= 180 万円/年)
3. 処理経費の合計 
:母豚1頭当たり(1.84 万円)、出荷豚1頭当たり(921 円)

導入に当たっての留意点

  1. 比較的に余剰汚泥の発生量が少ないシステムであるが定時定量の汚泥処理は必要で固液分離残渣は堆肥化処理を行う。
  2. 活性汚泥の悪化等条件変化に伴い腐植物質の投入が必要である。

2.評価結果(評価委員会による評価結果)

総合評価

  1. 本処理システムは処理水を農地還元するため、施用できる農地を必要とする。
  2. 農地還元の際は、窒素やリンを含むため、自然水域や地下水汚染に注意する必要がある。
  3. 処理水を放流する場合は放流先の水質基準に適合するための処理施設を別に付加する必要がある。圃場還元を目的としているが処理経費は全処理方法の中でも安い。

評価チャート

評価年月日

施設全景

ばっ気槽下部散気管

固液分離器(スクリュープレス)

固液分離器(スクリュープレス)

固液分離器(ウエッジワイヤ)

凝集撹拌槽