堆肥化技術の事例紹介と評価

[開放型攪拌方式]

1. 処理施設の概要(企業からの情報に基づき作成したものである)

企業名

株式会社 岡田製作所

堆肥化処理方式の区分

直線型・ロータリー式+天日乾燥

問い合わせ先・担当者

営業部長 鈴木郁男
〒374-0042 群馬県館林市近藤町318-2
TEL:0276-74-3838 FAX:0276-74-5818
技術を参照できるURL:http://www.okadass.com
お問い合わせE-mail:eigyou@okadass.com

畜産経営の概要

1. 畜  種・飼養規模
乳牛200頭
2. 畜舎構造: 
フリーストール牛舎
3. 施設所在地: 
栃木県

技術の概要

1. 施設の概要: 
牛ふんをロータリー式攪拌機にて発酵処理したものを天日乾燥機にて乾燥させる施設(乾燥堆肥は、牛床に敷く)
2. 処理方式: 
ロータリー式攪拌機+天日乾燥機
3. 適用畜種: 
乳牛(200頭)
4. 原料処理量: 
13トン/ 日(4,745トン/ 年、敷料を含む)
5. 調整水分(投入水分): 
65%
6. 全発酵期間: 
90日

処理技術の概略フロー

施設の特徴

  1. ロータリー式のため、メンテナンスが容易である。
  2. タイマー制御のため、作業は原料の投入および製品の搬出のみですむ。
  3. 原料の混合がロータリー式のため、均一化される。
  4. 酪農のふん尿が主体なので、堆肥の水分が高く、戻し堆肥の効率が落ちるため、天日乾燥機にて乾燥させる。

施設の設計概要

1. 設置年月日:
2001年6月
2. 施設能力(投入原料ベース): 
4,745トン/ 年
3. 家畜ふん原料: 
乳牛ふん13トン/ 日
4. 畜ふんの搬送: 
2トンダンプ
5. ふん尿の分離: 
無し
6. 原料の前処理 
@搾汁処理の有無: 
 無し
A異物の分別対策: 
 乳牛ふんのみであり、特に異物はない。
B原料の破砕: 
 乳牛ふんのみであり、特に破砕しない。
7. 水分調整材料: 
戻し堆肥7.3トン/ 日、おが屑3.7トン/ 日
8. 混合ふんの重量および水分: 
24トン/ 日、水分65%
9. 処理日数  : 
発酵25日、乾燥18日、乾燥に入らない堆肥は堆肥舎にて65日
10. 堆肥化原料の混合および投入作業: 
ショベルローダーにて発酵槽内で混合
11. 1次処理および2次処理の運転方法: 
1次処理:攪拌1回/ 日、全自動
2次処理:攪拌9回/ 日、全自動
12. 堆肥の貯留と製品化設備: 
乾燥したものは、牛舎の敷料、残りは自分の畑に還元
13. 堆肥の年平均生産量  : 
2,776トン/ 年(バラ)
14. 製品堆肥の販売単価  : 
5,000円/ トン
15. 管理者数: 
常勤者1人、非常勤者 0人(搾乳後に対応している。)
16. 脱臭装置の有無: 
無し

堆肥原料と投入量・生産量

水分% 灰分% pH EC mS/cm 全炭素% 全窒素% C/N 比 リン酸% カリ% 発芽指数
40 8.6 36.4 1.4 26 1.4 1.8
(単位:水分は湿物値、他は乾物値)

処理経費

1. 施設建設費: 
92,000千円、減価償却費(施設20年、機械7年耐用):5,978千円/ 年
2. 維持管理費(電力費・副資材費・修繕費の合計): 
8,000千円/ 年
3. 処理経費の合計(年償却費+維持管理費): 
13,978千円/ 年
4. 原料1トン当たりの処理経費: 
2,950円/ トン

導入に当たっての留意点

1. 天日乾燥機を併用しているため、季節変動を考慮する必要がある(冬季の副資材確保)。

本方式の適用可能な畜種

乳牛、肥育牛、鶏、豚などすべての畜種

他畜種への主な納入実績例

  1. 栃木:肥育牛 500頭(2000)
  2. 千葉:採卵鶏 15万羽(1996)

2. 評価結果(評価委員会による評価結果)

総合評価

  1. フリーバーンで飼養される乳牛200頭規模の堆肥化施設である。原料の乳牛ふん尿量は13トン/ 日であり、戻し堆肥とおが屑とを合わせて24トン/ 日の処理規模となっている。
  2. 処理方式の特徴として、フリーバーンへの戻し堆肥用のハウス乾燥装置を備えている。
  3. 処理方法は、混合した堆肥材料を強制通気式の直線型ロータリー式発酵装置で25日間1次処理し、堆肥舎で65日間切り返しにより熟成させることから、品質に問題はないと考えられる。
  4. ハウス乾燥装置は平均18日間をかけて、フリーバーン牛舎の敷料と副資材としての戻し堆肥を生産する。冬季にハウス乾燥装置の乾燥能力が低下する時期はおが屑の使用量を増加させて対応している。
  5. 1次処理が機械攪拌のため省力化が図られている。ハウス乾燥設備があるため敷地面積は広くなるが、フリーバーンの衛生面が確保され、敷料費の節減につながっている。
  6. 原料の乳牛ふん尿1トン当たりの処理経費は2,950円とやや高い。ハウス乾燥設備も1次処理槽と同様の鉄骨構造となっているが、フッ素フィルム貼りの鉄骨ハウス構造の方が、透光度の低下が少なく建築費も安くすむ。また、1次処理槽の深さが1.2m しかないため、1.5m 程度にして建設コストの削減も考慮すべきであろう。
  7. スペースの関係から、堆肥舎の堆積高さが3 m になっている。堆積高さが高いと、堆肥温度が高くなりやすく熟成が進みにくい。3 m まで堆積するのであれば、通気装置をつけて弱く通気をすれば製品堆肥の品質の向上が図れる。

評価チャート

3. 施設説明写真

評価年月日

発酵槽投入口

乾燥槽出口

発酵槽内

乾燥槽内

乾燥槽出口