堆肥化技術の事例紹介と評価

[開放型攪拌方式]

1. 処理施設の概要(企業からの情報に基づき作成したものである)

企業名

コクブ商事株式会社

堆肥化処理方式の区分

直線型・ロータリー式+堆積方式

問い合わせ先・担当者

システム部 國分俊作
〒964-0868 福島県二本松市舘野4-235
TEL:0243-48-3888 FAX:0243-48-2902
技術を参照できるURL:http://www.kokubunnojyo.com/
お問い合わせ:info@kokubunnojyo.com

基本設計数値等

1. 施設の概要: 
家畜ふん尿を深型ロータリー式発酵槽で堆肥化処理する施設
2. 処理方式: 
ロータリー式発酵槽+堆積式発酵槽
3. 適用畜種: 
乳用牛(470頭)・肉用牛(480頭)・養豚(1,050頭)
4. 原料処理量: 
23.4トン/ 日(14,016トン/ 年、敷料を含む)
5. 副資材: 
バーク・おが屑・戻し堆肥
6. 調整水分(投入水分): 
62.7%
7. 全発酵期間: 
150日
8. 施設所在地: 
群馬県

処理施設の概略フロー

施設の特徴

  1. ロータリー式発酵槽で好気性発酵による高温(70℃ 前後)で発酵・切り返しするため、雑菌・雑草・害虫の発生が無い、高品質の堆肥が生産できる。
  2. 発酵槽が150cm と深いため、100cm や50cm に比べ保温性があり、施設面積が少なく、単位面積あたりの堆肥生産量は大きい。
  3. 堆肥生産が季節にあまり関係しない。
  4. スクープ式に比べシンプルな機械構造のため、メンテナンスが容易で電力費等のランニングコストは安価である。
  5. スクープ式に比べ日々の清掃が容易である。
  6. ウレタン車輪の採用により、工事費が安価となる。
  7. 処理施設の運転はほとんど自動化されているため、機械の異常が発生しない限りほとんど確認程度の見回りで可能であり、日常の技術的管理は不要である。
  8. 戻し堆肥を利用し牛ふん尿水分を調整しているので、水分調整のためのおが屑は少なくてすむ。

施設の稼働状況(実施例)

1. 畜  種: 
肥育牛、乳用牛、豚
2. 飼養規模: 
乳用牛(470頭)・肉用牛(480頭)・養豚(1,050頭)
3. 畜舎構造: 
各農家による
4. 設置年月日: 
2004年3月
5. システム構成: 
本施設はフローチャートに示したように、ロータリー式発酵槽、堆積発酵槽(副資材貯留槽・熟成槽)で構成される。
6. 堆肥生産量:各種混合堆肥: 
3,283トン/ 年
7. 管理者数: 
常勤者1人
8. 畜ふんの搬送: 
トラックによる投入、バケットローダーにより搬送
9. ふん尿の分離: 
無し
10. 脱臭装置の有無: 
無し

原料の前処理

1. 搾汁処理の有無: 
無し
2. 異物の分別対策: 
無し
3. 原料の破砕: 
無し

堆肥原料と投入量・生産量

1. 施設能力(投入原料ベース): 
8,541トン/ 年
2. 家畜ふん原料: 
乳用牛・肉用牛・養豚ふん23.4トン/ 日
3. 水分調整材料: 
バーク・おが屑5トン/ 日、戻し堆肥10トン/ 日
4. 混合ふんの重量および水分: 
重量38.4トン/ 日、水分62.7%、容積重約0.8トン/m3
5. 処理日数: 
1次処理(ロータリー式攪拌槽)30日、2次処理(堆積型発酵槽)120日
6. 堆肥化原料の混合および投入作業: 
トラック・バケットローダーにより投入、機械攪拌
7. 1次処理および2次処理の運転方法: 
1次処理:ロータリー式発酵槽、攪拌1回/ 日(全自動自走式)
2次処理:堆積型発酵槽、バケットローダー攪拌1回/ 2週間
8. 堆肥の貯留と製品化設備: 
堆肥貯留槽、袋詰め(手詰め)
9. 堆肥の年平均生産量: 
3,283トン/ 年(バラ)
10. 製品堆肥の販売単価: 
4,286円/ トン(3,000円/m3)、
11. 堆肥成分分析例 
(単位:水分は湿物値、他は乾物値)
水分% 灰分% pH EC mS/cm 全炭素% 全窒素% C/N 比 リン酸% カリ%
38.5 23.1 8.88 2.47 23.4 1.39 16.82 1.28 1.57

処理経費

1. 施設建設費: 
168,400千円、減価償却費(施設20年、機械7年耐用):11,121千円/ 年
2. 維持管理費(電力費・燃料費・修繕費の合計): 
2,959千円/ 年
3. 処理経費の合計(年償却費+維持管理費): 
14,080千円/ 年
4. 原料1トン当たりの処理経費: 
1,649円/ トン

導入に当たっての留意点

  1. 投入水分の調整が重要です。
  2. 水分低下が著しい場合には、尿汚水を散布できる設備を設ける。
  3. 半年から1年に1度ブロワー清掃の実施が望ましい。
  4. 脱臭設備も設置可能です。

本方式の適用可能な畜種

乳用牛、肥育牛、豚、採卵鶏、ブロイラーほか

他畜種への主な納入実績例

1. 福 島: 
採卵鶏5万羽(2001)
2. 宮 城: 
肥育豚600頭(2001)
3. 北海道: 
乳牛100頭・肥育牛200頭混合(2002)
4. 北海道: 
乳牛86頭・育成牛60頭(2004)
5. 福 島: 
乳牛150頭(2004)
6. 福 井: 
乳牛500頭・生ゴミ5トン(2004)

2. 評価結果(評価委員会による評価結果)

総合評価

  1. 主原料は乳牛ふん、肉用牛ふん、豚ふん計23トン/ 日で、やや規模の大きい堆肥センター施設である。
  2. 処理方法は、1.5m の深型ロータリー式攪拌機による1次処理(30日)と堆積発酵法による2次処理(120日)の組み合わせである。処理期間は150日確保されており、良質堆肥の生産が期待できる。
  3. バーク・おが屑、戻し堆肥を水分調整材に使用しているが、戻し堆肥は夏季以外は設定水分まで下がらないと考えられる。戻し堆肥の水分を設定値までどう下げるかが課題である。冬季対策として、夏季の戻し堆肥のストックやおが屑の増量が必要であり、そのための貯留施設も必要であるなど、現地に合わせた条件設定が重要である。
  4. 通常、戻し堆肥利用の場合は、乾燥ハウス等を併設する例が多い。
  5. 処理コストは普通程度である。
  6. 施設管理者の労力はかなり削減できる。

評価チャート

評価年月日

3. 施設説明写真


施設全景
(手前:1次処理槽、奥:2次処理槽)

1次処理槽投入口
(トラックによる投入)

1次処理槽
(幅5 m ×長さ65m ×深さ1.5m ×4レーン)

ブロワー
(12台設置、連続・間欠運転)

ロータリー式攪拌機
(1台で2レーン攪拌)

2次処理槽(熟成槽)
(副資材、製品置場兼用)