超好熱細菌による堆肥化について

 生ゴミ、園芸残渣、果樹や街路樹の剪定枝などには、植物病菌が含まれている可能性があります。この病原菌の中には、通常の堆肥化温度では死滅できないものがいます。超好熱細菌による堆肥化は、温度が100℃前後にまで上昇することから、このような病原菌を死滅できる可能性があります。現在のところ、超好熱細菌は一般的でなく管理も難しいので、農家レベルで超高温発酵させることは難しいです。

【堆肥化の流れ】


【特徴】


【注意点】



前のページにもどる